行政書士に費やす学習期間のハテナが全て此処に

婦人

ビジネスに必要な管理能力

男性

一般的に「管理」を意味するマネジメントですが、それに関する資格はプロジェクトに関するものや情報セキュリティに関するものまで多種多様です。これらに共通することは管理に関する経験が必要となることです。そのため、資格を取得した際にはその能力を客観的に証明できるものとなります。

もっと見る

学校選びのポイント

先生と子供

幼稚園教諭免許を取得するには、大学や短大に進学するのが一般的です。大学では、短大よりも時間をかけてじっくり学べるというメリットがあります。最近増えている認定こども園で働くためには、保育士資格が必要になることもあるので、両方を取得できる学校がおすすめです。

もっと見る

法律の専門家資格

男の人

試験の中身

法律資格と呼ばれるものは多くあり、行政書士はその1つです。試験は年一回であり、受験料は7000円します。国家試験ですが、受験に制約はありません。年齢・学歴・国籍など関係なく誰でも受験する事が可能です。行政書士は法律資格です。その為、試験科目は法律問題中心です。憲法・民法・行政法・商法・基礎法学で構成されています。五択問題と多肢選択問題、そして民法と行政法から記述式問題が3問出題されます。似た資格である弁護士や司法書士とは違い、法令科目以外に一般知識も問われる試験です。個人情報保護・政治経済・社会・文章理解が五択問題で出題されます。試験申込は8月からで、試験は11つきにあります。学習すべき科目が多いので、十分な学習期間が必要な試験です。

相応に準備は必要

行政書士試験は受験資格は必要なく誰でも目指せる事から、受験しやすい国家資格として毎年多くの方が受けています。兄弟資格に社会保険労務士があり、それには受験資格が必要です。その用件を満たす1つとして行政書士資格保持がある為、社会保険労務士受験の為に利用する方も多いです。学習期間は相応に必要で、一般的に半年と言われています。年一回の試験なので不合格だと来年また受けなければなりません。多くの参考書で言われている学習期間は目安であり、個人差がありますので鵜呑みにしない事が必要です。行政書士試験は全体の60%以上の得点で合格する、絶対試験です。合格者数がある程度決められ、上位何人しか合格できない相対的試験ではないので、自分との戦いになります。法学部でない人も多く受け、ライバルではないので、法律に興味を抱いた人に取っ掛かりやすい試験と言えます。しかし、合格率は10%を切る試験なので、学習期間は標準より多くとる必要があります。

言語機能の回復と専門資格

メンズ

言語聴覚士の技術は専門学校で学ぶ事が出来ます。言語聴覚士の専門学校ではリハビリの技術を学ぶエキスパートも養成しています。その為、各医療分野の専門家と協力して質の高いケアに専念する事ができ、医療現場で急務とされている連携したケアを学ぶ事が可能です。

もっと見る