学校選びのポイント|行政書士に費やす学習期間のハテナが全て此処に

行政書士に費やす学習期間のハテナが全て此処に

勉強

学校選びのポイント

先生と子供

取得できる免許の違い

幼稚園教諭を目指す人は、大学か短期大学に進学するのが一般的です。教育学部やこども学科など、幼児教育を学び、幼稚園教諭の免許を取得できる大学や短期大学はたくさんあります。幼稚園教諭免許には、3つの種類があります。大学院を修了した場合は、幼稚園教諭専修免許状、大学を修了した場合は、幼稚園教諭1種免許状、短期大学を修了した場合は、幼稚園教諭2種免許状を取得することができます。短大の場合は、早くに免許を取ることができますが、2年間で座学や実習を行うので、忙しい学生生活となることが多いのが特徴です。一方で大学の場合は、一般教養や語学も学びながら、4年をかけてじっくり学ぶことができる上、学業以外の経験値を積む時間を取りやすいというメリットがあります。

知っておきたい保育士資格

仕事をする女性が増えたことで、各地で保育園のニーズが高まっています。以前は、保育園と幼稚園は全く異なる性質のものでしたが、政府の働きかけによって、その両方の機能を併せ持つ「認定こども園」が各地に相次いで誕生しています。認定こども園で働くには、幼稚園教諭免許だけでなく、保育士資格も合わせて持っている方が有利となります。大学や短大によっては、保育士資格の取得をサポートしてくれる学校もあります。また、専門学校の中には、保育士の勉強をしながら、短大の通信教育を活用することで、幼稚園教諭免許を取得できる学校もあります。就職で損をしないためには、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方を取得しやすい学校を探すことがおすすめです。